20200131ドーナツ

子どもと出かける用事があったので手土産にドーナツを揚げました。
ホットケーキミックスに豆腐と卵を入れて揚げただけの簡単レシピ。姉に教えてもらったのだけど、豆腐がモチモチしてペロッと食べれて子どもに人気のメニュー。

ところで、我が家はアイランドキッチン。
憧れる方も多いと思うけど、アイランドは壁が周囲にない分換気の性能が落ちるので部屋の壁や床の汚れが気になるところ。

こんな風にガードして油はねを防いでます。
換気扇との距離をなるべく近くするなど考慮が必要です。換気扇を低くすると背の高い方は頭が当たってしまい、どちらをとるか難しいところです。
我が家では、、旦那は当初私の話は聞いてくれなかったけど、キッチンスペシャリストの一声でギリギリまで下げることになりました。
ダンナ様、頭当たります(^^;

揚げ物や焼き魚の頻度も検討材料です。

プレーンとチョコとシナモンの3種類。


カテゴリー:01_life

20200131 習い事&放課後の時間

長女のこと…
習い事はなるべくしないで放課後はゆっくり過ごすようにしてきたのですが、4月からピアノを習うことにしました。
音楽に興味が出てきて、赤ちゃんの時に贈り物で頂いたピアノの本をボロボロになるまで使ってる。
クリスマスにサンタさんからもらったキーボードも楽しそうに弾いてるし、そろそろタイミングかなと。
4月からは3年生。週3日で6時間授業。
隔週行ってるキッズアートにプラスしてピアノを増やすことに。
私も4歳から中学3年生までピアノ習ってたけど、泣きながら無理やりレッスンに連れてかれた苦い思い出もあって、出来れば意欲的に楽しくやってほしいと願うばかり。それでもグループレッスンのアンサンブルはとても好きだったし、大きくなってからはピアノは趣味の一つになってるから、習わせてくれたことには感謝してる。
ピアノは今日明日弾けるようになるものではなく、地味な練習の先にしか、楽しさがやってこないことも知ってる。
12月の発表会が当面の目標かな。
子どもにとって、授業よりも長いくらいの放課後の時間って、とても大切な時間だと思っています。
私が小さかった頃は今より放課後が自由だったと思います。携帯はなかったけれど、どうやって約束してたのか、よく近所の子と遊んでいたし、裏山探検してたし、その辺の田んぼで遊んだり、川に入ったり…。あちらこちらで好き勝手遊んでたと思います。いつかは受験などで塾通いも始まるのかなと思うと、自由に過ごせる今の放課後、大切にしてあげたい。と思うのですが、ワンオペ育児、防犯など現代の事情の中で思ったようには出来ていない…。

カテゴリー:00_think_考え, 01_life, 07_daughter1_長女
タグ:

20200131金魚

12月金魚が旅立ってしまいました…。
本当の理由はわからないけれど、寒くなるにつれて水替えの頻度も減ってた。
しばらく替えてないなぁと旦那は心配していたけど、
生き物を買う責任はちゃんと自分で持たないとと私は思ってて、全部任せてた。
動かなくなった金魚を見つけて二人とも大泣き。
「金ちゃん」って名前も付けてた。
休みにパパと近くの山に埋めに行きました。
金魚、カメ、メダカ…。
生き物への興味はイヌ、ネコへ…。
年始にお友達のワンちゃんを散歩させてもらったことも影響してて、
「ママ、犬飼いた~い!!」とせがまれてます。
家の基本設計をしてた2年前は、子供が犬飼いたいって言いだすの、想像できなかったなぁ。

今は次女にも手がかかるから、正直犬飼うのは無理…。
小学生になるまではごめんね。とお話ししました。
でも、実は頭の中ではそうなったときの事を考えてる。
(ゲージはどこに置こうかとか…。内緒だけど(笑))
子どもの成長は、家の成長…。

カテゴリー:01_life, 07_daughter1_長女, 08_daughter2_次女
タグ:

20200126みそ作り

我が家は味噌汁大好き家族。
「てまえみそ」という言葉がある通り、自家製のみそってホントにおいしい。
やっとみそ作りに挑戦できました。
こちらも家族を巻き込んでやるのがいい。
「明日、ママはみそを仕込みます。」宣言しといて、手伝ってもらう。
①豆を一晩水に浸す
②ひたすら煮る 4hかかった

③麹と塩を混ぜて(子供にもできる)、豆の煮汁を加える
④豆を潰す(旦那の出番)
⑤豆と麹と種みそを混ぜる
⑥タッパーに隙間なく詰める(子供もできる)
⑦表面に塩を振ってラップでぴたっと
⑧冷暗所に保管。

種みそ…出来上がったみそのことで、実家から分けてもらった自家製みそを。
冷暗所…我が家は階段下が物置で、半地下になってるので、一年を通して温度変化が少なく最適な環境。
ここだったら昨今の夏の暑さにも耐えられるのかな?

出来上がりは半年後。



カテゴリー:01_life

20200126家の片付け

LDKの一角に私が基本設計し、旦那が実施設計し手作りした子供用の棚があるのだけど、

どうもこの家の中で浮いてる。。。
定期的に片付けても(というか、「片付けなさ~い!」と言って私が付き合って片付けます…)、
数日で荷物がこぼれ落ちるほどに…。
手前のカウンターもいい感じで物置になってます…(^^;
まだ低学年の長女には、このよく見る仕切りのある棚って使いにくいのかなぁ。
であれば、隠してしまおうとちょっと家の中を整理してみることに。
あまり使ってないダイニングの棚のグラスを上の棚へ持っていって、
一番使いやすい位置を子どもスペースにしました。
新しいスペースをあてがわれて、二人とも嬉しそう。
次女は初めての自分スペースできれいにディスプレイしてました。
散らかってても扉で隠れてるし、椅子の背面にあるのでなかなか使いやすそう。
旦那力作の棚はロフトでしばらく眠ることに。
子ども部屋ができたときに使われるのでしょうか…。
その後…
ソファの奥に隠れてたウンベラータ持ってきました。
姉に誕生日プレゼントでもらった3年もののウンベラータ。
将来の子ども部屋(今はフリースペース)も合わせて更新。
無印の組み替えられる棚であれこれやってみて今のベストを探して。
家は建てて終わりではないと改めて感じます。
我が家の場合、まだ家が未完成ともいえる。。
表札、ロフトへのハシゴ、玄関の姿見…がまだない。
構想はあるのだけど、、、、そこはゆっくりでいいかな。
子供の成長や環境に合わせて、住まいながら手を加えていくことも
暮らしを楽しむ一つだと思う。
そして何事も家族を巻き込んでやるのが一番だと感じてるこのごろ。

カテゴリー:03_house_Niikura, 07_daughter1_長女, 08_daughter2_次女