石上純也 ギャラリートーク

2010.10.25 Sta
銀座資生堂パーラーにて
建築家、石上純也さんのギャラリートーク。
How small? How vast? How architecture 2nows?
(建築はどこまで小さく、あるいは、
どこまで大きくひろがっていくのだろうか?)

小一時間話を聞くと、すごいその人が分かる。
空間とものの発想力と、繊細でかわいらしいプレゼンが印象的。
そして、社会に対して新しい価値を提案していってる。

それは、対個々となる住宅とはずいぶん違うきもしたりする。。。
実際私自身はクライアントの夢をかなえることの方に重きを置いてる。

でも住宅も外(社会)とつながってるから
世に大きな物を産み出している以上、
社会性を考慮することは建築家としては必要かな。

豊田市美術館でやってる展覧会にも、実家に帰ったら行こう。


カテゴリー:04_architect・art
タグ: